リサイクルを知ろう

リサイクルとは

リサイクルとは、本来の意味は再循環を指していて、製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用することです。 最近では、同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用や、電化製品や古着などの中古販売についても広くリサイクルと呼ばれることが多くなっています。リデュース(Reduce、減量)、リユース(Reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれています。また、リフューズ(Refuse、ごみになる物の拒絶)を加え4Rと呼ばれることもあります。リサイクルは大きく、マテリアルリサイクル(素材としての再利用)とサーマルリサイクル(熱としての再利用)に区分されていますが、現代のリサイクルは、主に政治的、経済的目的のための「商標」としての役割が強くなっています。このリサイクルは現状としてはメーカーは赤字に転じることが多いため、世間で認識されているほど行われていません。また、ほぼ全てのリサイクルは環境によいわけではなく、「リサイクル=環境に優しい」とは限りません。

 

リサイクルを行う上での課題としては回収時の不純物の問題や、リサイクルを行う際にかかるエネルギーの問題、リサイクルを何度も行うことによる不純物の濃縮の問題などが挙げられます。回収時の不純物とは、空き缶中の吸い殻、古紙中ラミネートなどで、純度を下げるものが回収物の中に入ってしまい品質が落ちるという問題が出ています。また、リサイクルのエネルギーはリサイクルすること自体にエネルギーがかかってしまい。一度原料のレベルにまで分解するという過程を経るため、場合によっては焼却処分以上にコストとエネルギーを余計に使う場合がでてきます。また、リサイクルの不純物とは例えば、鉄のリサイクルには、不純物元素濃度がリサイクルのたびに上昇してしまうという問題になります。

 

また、総合的な面で資源、環境を考えた場合に、ペットボトル、紙、発泡スチロールトレイなどをどうするべきか意見が分かれています。廃棄物をリサイクルする場合、材料となる廃棄物を運搬する場合には「廃棄物運搬業」の許可を、廃棄物を加工する場合には「廃棄物処理業」の許可を、それぞれ都道府県知事などから得る必要があるのですが、これは一見、リサイクルを阻害する制度に見えますが、悪意を持った業者が素材収集の名の下に堂々と不法投棄を行うことができてしまうため、容易に規制緩和ができない状態となっています。また、日本においては、3Rのなかで特にリサイクルだけが活発に推進されているという問題もあります。近年では工業製品などで、「質量比○○%のリサイクルが可能」という売り方多いのですが、機械製品を構成する金属類は比重が重いものが多いので、比重が軽く、体積比ではFRPを初めとした混合樹脂製品などがリサイクルできず大量に廃棄されていました。また金属に限らず、物を再生する際は不純物の選別や精錬作業に多大なエネルギーと上水が必要となります。このことから、リサイクルは3Rの根幹であるリユースやリデュースと並行して取り組むことが必要なのですが、日本はそれができていないのです。ちなみに、最近ではFRPもリサイクルされるようになってきています。

 

シビアな言い方をすると、リサイクルされるかどうかという大きなポイントは、リサイクルした時に儲けが出るかどうかということです。慈善事業でリサイクルをする人はよっぽど余裕がある大富豪ぐらいでしょう。どんなにきれい事を並べようがこれが真実なのです。このため、「微価物・無価物の輸送費」を少なくしないと、廃棄にまわってしまいます。逆に、金属など希少資源が高騰すると、いままで廃棄にまわっていた質の悪い資源も、もとがとれるようになり、リサイクルにまわるようになるのです。また、家電販売店において、テレビや冷蔵庫の回収に際して消費者へリサイクル費用を請求していながら、実際はリサイクルへ回さずに不正輸出会社等へ売却することによって、二重の益を得ている業者もおり、さらに、地球的汚染となる事例が発生しています。このような問題が表面化している今、リサイクルの正しい理解が世界規模で必要となってきていると感じます。


注目サイト

レターケース・収納ケース各種通販|東京ツバサ

バナジウム天然水を飲むなら

オリジナルマグカップを業界最安値で作製!|マグプレミアム

ダイエットにサウナスーツ